四季折々の花と風景がおもてなし|白馬五竜観光協会

長野県白馬村に位置する白馬五竜観光協会のFBページは、2012年から始まり4,300ものページいいねを持っているファンの多いページです。
白馬連山の四季折々の風景と植物の写真を中心に情報を配信しているページです。

【カバー写真は固定の宣伝広告スペース】
フェイスブックページを開くと最初に目に入るところに位置するカバー写真。期間限定ではあるが、日々の情報に流されず伝えたい情報を掲示するにはもってこいのスペースです。白馬五竜観光協会のFBページでは、そんなカバー写真のスペースをうまく利用し、カバー写真に物を言わせている工夫が見受けられます。

カバー2カバー1

【限定写真はふと目を止めるための必須宣伝アイテム】
FBページの記事を見る人は、スマートフォンなど携帯端末で移動の隙間時間に見る人も多いもの。ページを運営する側としては、できるだけ詳しいたくさんの情報を掲載し、一人でも多くの人を地域に呼び込みたいと思うものですが、見る側としては移動中にじっくり読み込んでみるより、隙間時間を楽しむためにサクッといろいろな情報を見たいと思う心理が働きます。
ですから、瞬時に「いいね」と思える写真はFBページにとって欠かせない宣伝アイテム。さらにそれが限定ともなると、流れていくたくさんの情報の中でふと目を止め、つい「いいね」やシェアをしてしまいたくなります。

syasin-1syasin-2

【シェアを巧みに使って投稿頻度を上げる工夫】
FBページのいいね数や閲覧数と投稿の更新頻度は関係があります。更新頻度が多く、見たい知りたい情報があれば、必然的にそのページを見てしまいます。
ですが、更新する側としては、投稿するためのネタを探すのは時には至難の業と成り得るでしょう。
そんなときのために、シャアできる情報を提供しているサイトを普段から見つけておくことは、投稿に対する負担を軽減します。そのときに1つ気を付けたいことは、シェア記事には必ずコメントを付けて紹介すること。シェア元に誘導し、シェア記事投稿を敬遠されないためには、シェア先に行って内容を見てみたいと思わせる概略説明は不可欠です。

syeasyea-2

白馬五竜観光協会
https://www.facebook.com/hakubagoryu/