ファンが多くシェアの多い投稿が目立つ|高野町観光協会

2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された高野山。平安時代の初めに、日本が生んだ偉大な聖人、弘法大師によって開かれた日本仏教の一大聖地です。一般民衆の信仰と尊敬を集め、日本国内はもとより世界各地から訪れる人が絶えない場所です。
そんな高野山をPRする高野町観光協会のフェイスブックページは、5,000ものいいねが集まる人気の高いページです。

【投稿へのシェアが多い】
世界文化遺産登録をされた高野山の情報を中心に投稿する高野町観光協会のフェイスブックページは、投稿の更新数はあまり多くありませんが、根強いファンを持っているため各投稿に対しシェア数が多いのが目につきます。シェアの多い投稿内容を幾つか列記してみましょう。

■その1、下界からは計り知れない現地レポ
高野山は標高1,000メートル級の山々に囲まれた標高約800メートルの平坦地に位置します。そのため、年平均気温は10℃前後。温暖な地域が多い和歌山県としては異例で、冬の寒さが厳しく、1月の平均気温は-0.5℃と氷点下になることもあります。そんな場所であるため、下界からはわからない天候情報や交通情報は多くの人からシェアされ拡散されています。

syea-1syea-2

■その2、鉄板は季節の風景
一度行って好きになった場所は、やはり何回でも行きたいもの。まして、四季が楽しめる日本であるならばその四季折々の風景がみたい。そう思う人は多いはずです。簡単に行けない場所にある高野山だからなおさらそんな思いの人が多いようで、まだ見ぬ高野山の四季の風景にはシェアが多くなるようです。

kisetu-1

■その3、行きたい!こんなのがあるんだと思うイベント情報
毎年定期的に行うイベント。現地の人からすると当たり前にやっていることで、それを迎えることにより今年もこの季節が来たなと思うものあることと思います。しかし、周りから見るとその当たり前がとても新鮮に見えることが多いのです。高野町観光協会のフェイスブックページは、そんなこまめなイベント情報の投稿にはシェアやコメントが多くなっています。

ibento-1ibento-3

高野町観光協会
https://www.facebook.com/Koyasan.Tourist.Association/